Google Search Consoleに”このサイトでは構造化データが見つかりません。”というメッセージ

Google Search Consoleに”このサイトでは構造化データが見つかりません。”というメッセージ

Google Search Consoleに”このサイトでは構造化データが見つかりません。”というメッセージ

GoogleSearchConsole(ウェブマスターツール)を確認していると、”このサイトでは構造化データが見つかりません。”というメッセージが表示されていました。どうやら、

のような内容に対して、

のようにマークアップすることを勧めているようです。

構造化データ

Googleに構造化データが伝わると何が嬉しいのかというと、Googleの検索結果にリッチスニペットを表示してくれるようになります。検索者側にもサイト運営者側にも、検索目的に沿った検索結果が表示されやすくなるメリットがあります。マークアップする代わりにデータハイライターでタグ付けすればクロールによってGoogleに伝えてくれるそうです。

ーマリンク

データハイライターでタグ付けする前に確認しておきたいのは、パーマリンクの構造です。データハイライターではタグ付けをパターン化して自動的に認識してくれるようにしますが、設定>パーマリンク設定のオプションにある、「カテゴリーベース」と「タグベース」を指定して記事と異なるURL構造としておくと、そのパターンを別々に作成して正確にデータ構造を認識させやすくなります。これからウェブサイトを作成する方は構造を意識することをお勧めします。

データハイライター

ということで、設定してみることにしました。概要としては、

  1. 代表的なページでタグ付け
  2. 同様のタグ付けをする他のページを指定
  3. 正しくタグ付けされているか確認
  4. 公開

という流れです。

まずは、以下のGoogleSearchConsoleのメニューから、データハイライターを選択します。

「ハイライト表示を開始」をクリックすると、以下のように、代表的なページを指定する画面が表示されます。代表的なページとして指定するURLは、Googleのインデックスに既に登録されている必要があります。

情報のタイプを指定します。ここでは「記事」を選択しています。

次に、指定した代表的なページをタグ付けします。

画面には指定したURLのページが実際に表示されるので、「タイトル」「著者」「公開日」「画像」「カテゴリ」「平均評価」に該当する箇所をクリックしてタグ付けしていきます。タグ付けしていくと画面右側に表示されている以下の「マイデータアイテム」に選択した値が表示されるようになります。意図と違ったら指定し直しましょう。「カテゴリ」のようなカンマなどで区切った複数の値がある場合など、2つ選択すれば3つ目は自動で認識してくれます。

最初のページのタグ付けが終わったら、次はページセットの作成です。代表的なページとして最初に指定したページと同じ作りの他のページを指定します。ワイルドカードが使えるので、”http://example.com/test/*/”のように指定すればOKです。ここで先に記載した「カテゴリーベース」と「タグベース」を別のURL構造としているかどうかで認識させたい同じデータ構造パターンだけを含む指定が容易にできます。「ページセットを確認」をクリックすると、該当ページがプレビューされますので、意図した通りであれば「ページセットを作成」します。

後は、最初のページのタグ付け通りに他の指定したページでもタグ付けされているか確認し、問題なければ「公開」するだけです。「カテゴリーベース」と「タグベース」を異なるURL構造にしている場合は、同じように別のパターンとしてタグ付けして「公開」してください。