Crayon Syntax Highlighter – プラグインの導入と設定

Crayon Syntax Highlighter – プラグインの導入と設定

Crayon Syntax Highlighter – プラグインの導入と設定

コードを記載することがあるかと思いますが、Crayon Syntax Highlighterプラグインを導入すると以下のように表示してくれます。

Crayon Syntax Highlighterプラグイン

導入しておくと例えばpreタグで囲まれた部分を設定に従ってコードとして表示してくれます。

「Crayon」ボタンをクリックするとコード入力用の画面がポップアップされ、タグを意識しなくてもコードを直接入力できます。

挿入時に共通設定と異なる設定を個別に指定することもでき、その場合は共通設定の影響を受けないようになります。

プレビュー

このプラグインの使いやすいところは、共通設定する際に各変更によってどう表示が変化するのかプレビューしながら決めることができる点です。以下のように、一般設定の「テーマ」のところにプレビューが表示されます。

注意

過去記事に対してもこのプラグインの設定が効いてしまいますので、既に意図せずにpreタグを使っていると注意が必要です。preタグを対象としないようにもできます。

また、フォントやフォントサイズを指定している場合など、そのタグがコードとして表示されてしまうので、導入直後は一通り過去記事を確認しておくことをお勧めします。

どの記事がコード表示するように認識されているかは、以下に示す「Show Crayon Posts」ボタンをクリックするとわかります。ここに意図しない記事が含まれている場合は、修正してください。

Related Posts