Google Analytics Dashboard for WP – プラグインの導入と設定

Google Analytics Dashboard for WP – プラグインの導入と設定

Google Analytics Dashboard for WP – プラグインの導入と設定

ウェブサイトを運営する上で、Google Analyticsを活用した分析は必須ですね。無料で利用できるだけでなく、多くの方が利用しているので利用する上でのトラブルシューティングやデータ分析方法など情報量も豊富です。Google AdSenseを導入される方はまとめて分析できるメリットもありますね。

トラッキングコード

Google Analyticsを利用するには、アカウントを作成することから始めます。作成したアカウントのプロパティとして構築したウェブサイトを紐付けることになります。URLなどを登録するとトラッキングコードを取得でき、そのコードを全てのページに埋め込むことでデータ収集して分析可能になります。全てのページに埋め込む必要があるので、ヘッダーに埋め込む方法もありますが、テーマを変更することも今後出てくるでしょうから、プラグインを利用するのが簡単で便利です。

Google Analytics Dashboard for WPプラグイン

このプラグインの良いところは、トラッキングコードを埋め込むだけでなく、WordPressのダッシュボードで簡単なレポートを確認できるようになることです。

トラッキングコードの埋め込み

インストールしたらサイドバーに「Google アナリティクス」メニューが追加されていますのでクリックすると、以下の画面が表示されます。

GoogleAnalyticsDashboardforWP - 1

「プラグインを認可」ボタンをクリックすると、以下のように「アクセスコード」を設定する画面に遷移します。

GoogleAnalyticsDashboardforWP - 2

赤字の「アクセスコードを取得」をクリックすると、Google アナリティクスでこのプラグインによるデータ表示の許可する画面に遷移します。

GoogleAnalyticsDashboardforWP - 3

「許可」をクリックすると、アクセスコードを取得することができます。

GoogleAnalyticsDashboardforWP - 4

アクセスコードをコピーしたらWordpressのダッシュボードに戻り、アクセスコードを貼り付けて「アクセスコードを保存」ボタンをクリックします。

以下のように”プラグインの認可が成功しました。”と表示されれば設定完了です。プラグインがトラッキングコードを埋め込んでくれるようになります。

GoogleAnalyticsDashboardforWP - 5

Related Posts