Page Builder by SiteOrigin – プラグインの導入と設定

Page Builder by SiteOrigin – プラグインの導入と設定

Page Builder by SiteOrigin – プラグインの導入と設定

以下の記事で紹介したプラグインのウィジェットを固定ページに配置しています。今回は、そのためのプラグインを紹介します。

 

WordPress Popular Posts - プラグインの導入と設定
上記の記事では、最近更新した記事の一覧をサムネール付きで表示させるプラグインを紹介しました。今回は、閲覧数の多い順番に記事をサ...

Page Builder by SiteOriginプラグイン

 このプラグインを使うことで固定ページや投稿記事にウィジェットを追加することが可能となります。

General

設定>Page Builder>Generalで、ウィジェットを追加するPost Typeを選択します。

 PageBuilderBySiteOrigin - 1

 ここで設定したPost Typeで「新規追加」すると以下のようにビジュアルエディターとテキストエディターに加えて、Page Builderタブが追加されるようになります。

PageBuilderBySiteOrigin - 2  

Widgets/Layout/Content

設定>Page Builder>Layoutではモバイル用の設定ができます。それ以外は、WighetsやContentタブの設定はデフォルトのままでよいです。実際、プラグインのサイトでもほとんど説明はありません。

設定方法

ウィジェットを実際に固定ページや記事に追加するのは、以下の「Page Builder」タブをクリックして設定画面に遷移します。

PageBuilderBySiteOrigin - 3

ここからの説明は、プラグインのサイトにある動画を閲覧ください。直観的に使えるため、動画を見てから一度使ってみるのが一番早く理解できます。また、以下に紹介しますが、複雑なレイアウトにしたい場合などは、一から作るよりも公開されているレイアウトを使ってカスタマイズする方が簡単です。

Prebuilt

このプラグインを使うメリットの一つは、公開されているレイアウトを利用することにあります。

自分自身で既に作成したレイアウトをコピーして使うこともできます。

Page Builderのレイアウト画面にある以下の「Prebuilt」ボタンをクリックすると、

PageBuilderBySiteOrigin - 5

公開されているレイアウトが一覧表示されますので、気になるレイアウトを試してみてください。

PageBuilderBySiteOrigin - 4

Related Posts