古いウェブサイトからのリダイレクトにRedirection – プラグインの導入と設定

古いウェブサイトからのリダイレクトにRedirection – プラグインの導入と設定

古いウェブサイトからのリダイレクトにRedirection – プラグインの導入と設定

既に稼働させていたウェブサイトがあり、別のドメインに引っ越したい場合や、新しいウェブサイトを構築し直す場合、リピーターを新しいウェブサイトに誘導するために古いウェブサイト側からリダイレクトさせたいケースがあるかと思います。

また同一ウェブサイト内でも、記事のURLを変更したり、新しく書きなおした場合に、古い記事からリダイレクトさせたいケースもあります。

Redirectionプラグイン

リダイレクトさせたい(古い)側のウェブサイトがWordPressで構築されていれば、.htaccessファイルを編集する必要なく以下のプラグインを導入して設定するだけでリダイレクトの管理ができるようになります。

設定

ツール>redirectionのRedirectsタブでリダイレクトの設定をします。一番下に、以下に示すように「Add new redirection」がありますので、「Source URL」に古い側のURLを、「Target URL」に新しい側のURLを入力します。

HTTP code 301

上記のように設定するとHTTP codeは301になります。これ以降で古いURLを使わない場合はそのままで構いません。リダイレクトを一時的に実施する場合は、HTTP codeを302に変更します。

リダイレクト設定の一覧でマウスオーバーすると以下のように「Edit」が表示されます。

編集モードにすると、「Source URL」の下に歯車のようなアイコンが表示されていますのでクリックします。

Redirection - 2

そうすると、以下のように「HTTP Code」というプルダウンリストが表示されて変更できるようになります。

最後に

リダイレクトが何回実施されたのかをリダイレクト設定一覧で確認できますので、カウントが上がっている内は古いウェブサイトを残しておくなどの検討材料になります。

Related Posts